妊娠をしやすくする

6 blue pills in blister

結婚をしてそろそろ子どもでも作ろうかな!と思っている夫婦もいらっしゃることでしょう。より妊娠の確立を高めるためには妊娠しやすい時期に子作りをおこなうことが重要です。
また、妊娠したい女性であるならばきちんと排卵がされているかも大切なことです。
排卵を特定する方法は、病院で卵胞をチェックする、基礎体温から特定する、排卵日検査薬を使用して特定するなどと多くの方法があります。
その中でも排卵日検査薬は最も正確で、しかも簡単に排卵を特定することができる方法です。

排卵日検査薬は尿中の黄体形成ホルモンの量を計測することによって排卵日の特定をおこないます。黄体形成ホルモンは排卵前に濃度が濃くなるホルモンで、この濃度に反応して排卵日検査薬は陽性を示します。
使用する前に、まず使用日数を生理周期から逆算して決定してください。目安はおよそ次回生理開始日の16日前です。生理周期がわからない場合は前回生理から11~12日ほどで使用すると良いでしょう。
使用は、日中の間に容器などに採尿し、MAXの線まで尿を浸してください。そして、乾燥した場所に置いてから5分以内に結果を確認してください。
妊娠している、分娩後、正確に検査がおこなっていない等の場合には陽性反応が出てしまう可能性があります。また、検査開始日を間違えてしまった、大量の水分摂取により尿中の黄体形成ホルモンの濃度が下がってしまったなどといった場合は陰性反応が出てしまうことがあります。

排卵日検査薬は病院や薬局で医師の処方箋のもと、購入することができます。
また、海外の製品に関しては通販でも購入することが可能です。
通販では医師の処方箋が要らなく、またいつでもどこでも購入できるのでおすすめです。